当院について

こども病院の救急医療体制について

 宮城県立こども病院の救急医療体制としては,主に二次および三次救急を対象とした紹介・予約制であり,県内の医療機関からの紹介や消防機関(救急車)からの要請,通院中の患者さんの急変に対応することに重点をおき,他の医療機関と連携して診療にあたっています。
 そのため、上記以外の患者さんは、まずかかりつけ医または休日当番医や急患センター(仙台市夜間休日こども急病診療所など)を受診して下さいますようお願いいたします。
 夜間のお子さんの急な発熱やケガのときは、宮城県こども夜間安心コールで医療相談を行っていますので、ご活用下さい。(https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/iryou/shouni04.html

 当院では,救急車や他の医療機関から紹介された重症の小児患者の診療にあたっていることが多いので,来院前に必ずお電話でご照会頂きますようにお願いいたします。また,診察や治療中等の理由で当院での対応が困難な場合には,他医療機関を紹介させて頂くことがありますので,ご了承ください。

 宮城県の救急医療連携体制については,下図をご参照ください。

 すみやかに救命処置を必要としているお子さん達のために,皆様のご理解とご協力を 心よりお願い申し上げます。

救急体制図
PAGE UP