診療科・部門紹介

成育支援局

 成育支援局は,すべてのこどもたちとその家族が入院中でも安心して治療に臨み,療養生活をおくり,家庭に近い環境で成長と発達ができるように支援しています。こどもと家族の権利を守り,遊びや学校などの日常生活を大切にしています。また,退院後の生活がスムーズに送れるように地域にも働きかけています。チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS),子ども療養支援士,保育士,臨床心理士,医療ソーシャルワーカー(MSW),ボランティアコーディネーター,看護師など複数の職種が連携しながら,こどもとご家族の心と生活を支えています。
 入院治療や療養生活をおくるこどもたちとその家族は多様な支援を必要としています。この多面的支援を実現するために成育支援局には数多くの職種が集まり,サポート内容により3つのグループに分かれて日々活動しています。

チャイルド・ライフ・スペシャリスト

チャイルド・ライフ・スペシャリストの詳細はこちら>>

保育士

保育士の詳細はこちら>>

子ども療養支援士

 治療や検査など様々な医療経験によるお子さんの不安やストレスを少しでも軽減し,前向きにそして安心して医療を受けられるよう検査や処置中の精神的サポートやお子さんの理解力に合わせて病気や検査・処置のお話をし,「こころの準備」をして臨めるようお手伝いします。また,医療行為や入院生活がこころの傷になることを防ぐため,不安や恐怖など様々な気持ちを遊びや活動を通して表出できるようにお手伝いします。

臨床心理士

 心理発達面の検査や遊びの場面を通して,その子らしさをより理解しかかわり方などをご家族を一緒に考えていくことで,お子さんの成長,発達のお手伝いをしたいと考えています。また治療や将来への不安,集団生活へのなじみにくさ,子育ての不安や負担感など,様々なこころの相談に対応しており,患者さんとご家族が言葉や遊びを通して気持ちを表現し,整理していけるよう取り組んでいます。

医療ソーシャルワーカー

 病気になるとそれまでになかった心配事や悩みが生じることがあります。ご家族のこと,医療費のこと,福祉サービスに関することなど生活上のご相談がございましたら私たちにお手伝いをさせてください。

看護師

 成育支援局の看護師は主に地域との連携,在宅支援,看護相談を行います。かかりつけ医や地域の保健師と連絡を取り合い,通院・入院中はもちろんのこと,退院後も患者さんがより自分らしく生活していけるよう継続してお手伝いをしていきます。

ボランティアコーディネーター

 こども病院を支援してくださるボランティアの方々の受入れ手続きを行います。また,ボランティアの活動がこどもとご家族に安らぎと快適さを提供し,ボランティア自身も楽しく充実した活動となるようにサポートします。

PAGE UP