診療科・部門紹介

薬剤部の業務内容

 ここでは私たちが行っている業務について紹介します。

1)調剤業務(内服薬・外用薬)

 患者さんの薬を医師の処方せんに基づいてつくります。こども病院は散薬や水薬が多いことが特徴です。当院では調剤ミスを防ぐ対策として鑑査システムを導入しています。散薬が市販されていない場合には,錠剤を粉砕したりカプセルをはずして必要量を調剤することもあります。分包された散薬は見分けがつきづらいので,薬包に患者さんのお名前や薬品名,処方量などを記載しています。 
 また水薬を正確に量り取るために,当院では経口用シリンジを使用しています。

2)調剤業務(注射薬)

 入院中の患者さんに使う注射薬は,医師の処方せんに基づき1患者1施用単位で取り揃えて,1日分ずつ各病棟に払い出しています。また高カロリー輸液や新生児病棟で使用する注射薬,抗癌剤などは,無菌室内のクリーンベンチや安全キャビネットで無菌的に混合調製しています。

3)病棟業務

 病棟に設置したサテライトファーマシーを拠点として,「薬に関することすべて」に薬剤師が関わることを目標に活動しています。現在は配置薬品の管理,与薬カートへのセット,服薬指導,持参薬の確認などの業務を行っています。

4)製剤業務

 患者さんの治療に必要であっても薬が市販されていない場合には,医師の求めに応じて院内製剤を調製しています。

【当院で調製している院内製剤】

  • ミダゾラムシロップ
  • CMC軟膏
  • CMC亜鉛華軟膏
  • ウリナスタチン腟坐剤
  • メラトニン1%散
  • 1%ピオクタニンブルー水溶液
  • 0.02%エピネフリン液
  • テストステロン軟膏
  • ロイコボリン含嗽液
  • セレン注射液
  • 硫酸亜鉛注射液
  • 10%硝酸銀水溶液 

5)医薬品管理業務

 クスリが患者さんに使用されるまでの「品質」を保証するためには,それぞれの薬に合った条件で保管しなければなりません。私たちは院内にある全てのクスリの保管状況を定期的に確認しています。また法的規制のあるクスリ(麻薬・向精神薬)や危険薬(毒薬など)については,取り扱いには特に注意が必要になります。これらのクスリが誤って使用されることのないよう,厳重な管理を行っています。

6)医薬品情報(DI)業務

 クスリの安全性や有効性の情報を収集し,クスリが効果的に使用されるよう,患者さんや医師・看護師などの医療スタッフに情報提供を行っています。

7)治験業務

 治験とは・・・医薬品もしくは医療機器の製造販売承認を得るために行われる臨床試験のこと
当院ではGCP省令を遵守し,被験者の人権確保,安全性の確保,データの信頼性においてより質の高い治験を実施する為に,薬剤師が治験薬の調剤・管理はもとより,治験事務局,治験審査委員会事務局として,治験全体をマネジメントする役割を担っています。

PAGE UP