診療科・部門紹介

医薬品を安全に使用するための工夫

 薬は患者さんの病気を治療する一方で,誤って使用した場合には患者さんに有害な結果を与えることもあります。ここでは当院で行っている,薬に関する安全対策の一部を紹介します。

1)患者認証システム

 入院中の患者さんに使用する注射薬にはバーコードの入ったラベルを貼付しており,ベッドサイドで患者さんのリストバンドと照合することで,取り違いを防止しています。

2)注射薬払出管理システム(Secuill)

 当院では,病棟に配置した注射薬を安全に且つ厳重に保管管理することを目的として,Secuill(セキル)を導入しています。これにより類似名称や規格の取り間違いを防止するだけでなく,厳重管理薬の正確な出納管理,さらには薬剤師による日々の在庫確認・補充作業が効率よく行えます。

3)がん化学療法の安全対策

 当院でがん化学療法を行う際には,薬剤師が標準的治療計画書(プロトコール)と患者の治療計画,処方内容を確認し,安全性の確保に努めています。また患者さんに投与する抗がん剤は,薬剤師が安全キャビネットを用いて無菌的に調製しています。

4)小児薬用量のタグ

 小児患者への処方は,年齢や体重に応じた薬用量の確認が必要です。当院では薬瓶に標準的薬用量を記載したタグをつけることで,調剤時にも簡単に確認できるよう工夫しています。

PAGE UP