診療科・部門紹介

検査部

 宮城県立こども病院検査部についてご紹介します

特徴

  • 電子カルテシステムにより,迅速な結果報告が可能となっており,外来の診察前検査等に役立てられています。
  • 院内にブランチラボを設置し,検体検査業務を委託しています。精度管理の徹底,採血量を配慮した装置の選択,院外ラボとの連携による特殊検査へのきめ細かな対応など,高度医療を担う当院にとっては不可欠な要素を取り揃えています。
  • 緊急検査や輸血に備えて24時間365日対応しています。患者さんの病態に合わせて,迅速に,かつ細やかに対応することが可能です。

検査以外に・・・

  • ICT(看護師や臨床検査技師を含む感染管理)活動を中心に,感染管理を行うための方策を他部門と協力しています。
  • NST(多職種による栄養サポートチーム)にも参加協力して、データ管理をしています。
  • 輸血管理部門として輸血用血液製剤を管理するとともに,有効利用をはかり,安全な輸血が行われるよう他部門と協力しています。
  • 各病棟に設置された検査装置(血球計数器・血液ガス測定装置・簡易生化学検査装置)の保守管理を行っています。

 検査部では部内勉強会や学会・研修会参加を通して,臨床検査技師としてのスキルアップをはかり,各分野の高い専門性を維持しています。

患者さんとご家族へのメッセージ

 検査部では,できるだけ少ない採血量で検査をして,しかも患者様の苦痛や負担も少なくなるように常日頃心がけています。検査の前には,内容を簡単に説明しますが,何かご不明な点などありましたら,お気軽にお尋ね下さい。

PAGE UP