診療科・部門紹介

輸血検査

 輸血検査には,血液型検査・抗体スクリーニング検査・交差試験があります。血液型検査は何型の血液を輸血すればいいのかを調べる検査です。抗体スクリーニング検査は,輸血する血液の中の赤血球や,お腹の中にいる赤ちゃんの赤血球と反応して悪影響をもたらしてしまう,抗体というものを患者さんが持っていないかどうかを調べます。交差試験は,輸血する血液と患者さんの血液が本当に反応しないかどうかを調べる検査です。
 輸血はこのような段階の検査を経て,副作用をできるだけ防ぐよう配慮され,実施されています。

PAGE UP