診療科・部門紹介

病理検査

 医師(病理専門医、細胞診専門医)と臨床検査技師(認定病理技師、細胞検査士)で、病理組織診断・術中迅速診断・細胞診・病理解剖の4つの業務を行っています。
 ・病理組織診断;手術や内視鏡で採取された組織によって、小児特有の疾患や異常分娩の原因を主に調べています。
 ・術中迅速診断;手術中に採取された組織から凍結標本を作製し、約15分程度で診断を行います。手術の方針等を決定する重要な検査です。
 ・細胞診;妊婦さんの子宮癌検診や、髄液中に白血病細胞が浸潤していないかどうかを主に検査しており、細胞検査士と細胞診専門医のダブルチェック体制で診断しています。
 ・病理解剖;残念ながら亡くなってしまわれた患者さんのご遺体を解剖させていただき、その病態を解明する仕事です。
 直接患者さんと接することはありませんが、病気の診断を行う重要な仕事であり、責任を持って取り組んでいます。

PAGE UP