診療科・部門紹介

診療支援部

視能訓練士について

視能訓練士ってどんな仕事?

 どんな職種なのかよくわからない,という方が多いと思います。
 視能訓練士は眼科において,視力検査,見える範囲を調べる視野検査,近視や遠視,乱視を調べる屈折検査など,そのほか視機能に関する検査をしています。

視力検査は赤ちゃんでもきるの?

 疑問をもつ方もいらっしゃるとは思いますが,みぎ,ひだり,と答えることができなくでも視力の検査は可能です。
 視力検査,といっても輪の切れ目を答える方法の検査だけでなく,絵カードを出して答えてもらったり,目の前に縞模様のカードを出して,その時のお子さんの反応をみたり,お子さんの発達に応じて検査の内容・難易度を変えながら検査します。

 眼科の検査は自覚的な検査が多いので,お子さんが検査に集中出来るように,そして視能訓練士はお子さんの視力をうまく引き出せるように,環境を整えたり,声がけをしたり,日々工夫や勉強をしながら検査にあたっています。

歯科衛生士について

 歯科衛生士とは,お口の中を衛生的に保つお手伝いをすることが主な仕事です。

 虫歯や歯周病は,感染症で生活習慣病でもあります。
 これらを予防するには歯医者さんで定期的なチェックをおこなうことはもちろん,お家での食事習慣や歯磨き習慣を確立することが重要です。歯科衛生士はそれら日々のことを楽しく正しく身に付けられるようにお子さん自身やおうちの方々をサポートしていきます。

 実際のお手伝いの内容としては,日々の食事内容,特に砂糖を含む甘いものの摂取量や間隔のチェック,耐う蝕能力のある唾液の量や質のチェック,また日々の歯磨き頻度やブラッシング方法のチェックなどを総合的に分析してカリエスリスク判定を行います。
 この虫歯に対する危険度を見極めた上で外来での指導内容や来院間隔を決めていきます。
 何よりもこども自身が虫歯にならずに健康であることが大切なのだと思えるように心の支援していくことが肝要であると考えています。

PAGE UP