こども病院への寄付について

  • HOME
  • こども病院への寄付について
  • >

こども病院への寄付について

こども病院資金

 宮城県立こども病院は,県の総合的な小児医療システムの中核を担う周産期・小児分野における医療の高度専門医療を集約的に提供する病院として,また,県全体の小児医療水準の向上を図るために設置されました。
 平成15年の開院以来,良質で安全な医療,子どもが主役の心の通った医療の提供を目指して取り組んでおり,その運営にあたっては,皆様の温かなご支援に支えられてまいりました。
 「こども病院資金」は,皆様からの善意の寄付をこども病院の運営に有効に活用させていただくために設置しております。
 皆様の格別のご協力をお願いいたします

寄付の申込み方法

 「寄付申出書 Word PDF」に寄付金額と目的を記入いただき,宮城県立こども病院経営企画課(下記参照)へご提出ください(郵送,持参を問いません)。寄付金の納付先をご連絡させていただきます。

 お受けした寄付は,できるだけ寄付された方のご意向を反映して使用させていただきますので,寄付の目的については,お手数でも必ずお書き願います。特に指定されない場合には,「こども病院の運営のため」などとお書き添えいただければ幸いです。

 なお,寄付金額が定められた基準に達した場合には,寄付された方のご意向を確認させていただいた上で,病院内の銘板「感謝の樹」へプレートを設置させていただいております。

ご寄付の具体的な使途について

 頂戴した寄付は「こども病院資金」として受け入れ,皆様からお申し出のありました用途に基づいて,こども病院の運営のために使わせていただきます。

 具体的な使途としては,病院を利用する子どもの療養環境を整えるための備品や植栽などの整備,子どもが読む図書や玩具の購入,医療機器の整備などが考えられますが,実際に病院を利用する子どもやその家族などの意見・要望も取り入れながら使途を決めていきたいと考えています。

税制上の優遇措置

 地方独立行政法人宮城県立こども病院は,特定公益増進法人として定められています。当院にご寄付をいただいた場合は,税制上の優遇措置を受けることができます。

    • 個人の場合  所得税法の規定により,一定額の寄付金控除が認められます
    • 法人の場合  法人税法の規定により,寄付金の損金算入が認められます。

 詳しくは,国税庁のホームページへ
所得税関係法人税関係

お問い合わせ先

地方独立行政法人宮城県立こども病院 経営企画課
〒989-3126 仙台市青葉区落合四丁目3-17
電話:022-391-5111 FAX:022-391-5118

PAGE UP