外来のご案内

患者さん・ご家族の方へ (当院の診察を希望される方へ)

紹介予約制

 宮城県立こども病院は高度で専門的な医療を提供する病院です。地域の医療機関と連携し,かかりつけ医と連絡を密にしながら,専門的な医療を必要とする患者さんが安心して受診できるよう努めています。

 そのため外来診療は,紹介予約制を取らせていただいております。これにより受診時の待ち時間が短縮でき,またお一人ずつ十分な時間をかけて,診察することができます。

予約の案内

患者さん・ご家族に直接予約を取っていただく場合
(医療機関・かかりつけ医からの紹介状をお持ちの方対象)
ご予約・ご受診までの手引き
  • 紹介状がまだの方 →(1)へ
  • 医療機関・かかりつけ医からの紹介状をすでにお持ちの方 →(2)へ
患者さん
 
(1)医療機関・かかりつけ医等からの紹介状 をご準備ください。
登録医療機関名簿(医科)登録医療機関名簿(歯科)
(2)お電話で診療のご予約をお取りください。 TEL:022-391-5115(直通) ※お手元に紹介状とメモのご用意をお願いいたします。
(3)診療の予約をお取りし,受診の際のご案内をさせていただきます。
 
患者さん
(4)予約日当日に紹介状,保険証などをお持ちください。
 
(5)総合案内にて受付をお願いいたします。

=お願い=
 予約をとらずに患者さんが来院されますと,担当医が不在な場合や,待ち時間が長くなる可能性がございます。 必ず予約をお取りくださいますようお願い申し上げます。

宮城県立こども病院 地域医療連携室

〒989-3126 宮城県仙台市青葉区落合4丁目3-17
TEL:022-391-5115(直通) Fax:022-391-5120(直通)
[開室時間:月~金曜日の8:30~17:15(祝日,年末年始は除く)]

 ※医療相談は,家族支援室(1階)で行っております。

水痘感染対策に関するお願い

Ⅰ.水痘感染対策に関するお願い(外来)

 水痘(みずぼうそう)の発症は,院内での感染拡大や重症化につながります。 つきましては,院内感染防止のため,次のとおりご協力いただきたくお願い申し上げます。

(1)1歳以上のお子さんに対する水痘ワクチン2回接種
 水痘ワクチンを2回接種することを強く推奨いたします。

  1. イ)水痘(みずぼうそう)は,1回ワクチン接種をしてもかかることがあります。
    ワクチンの効果を確実にするために,現在は2回接種が推奨されています。  
    2回目の接種は,1回目の接種から3か月経過後に可能です。
  2. ロ)2回接種が済んでいない方は,水痘流行時や水痘患者との接触時に入院が延期となる可能性がありますので,ご了承ください。

※他のワクチンと同時接種も可能です。かかりつけ医にご相談ください。 ※任意接種の助成については,各市町村にご確認ください。 ※2回接種により,後の帯状疱疹の発生頻度を低下させる効果も期待できます。

(2)感染症状と接触・流行状況の確認
 水痘ワクチン2回接種をしていない方で以下の項目に該当する方は,外来受診前にお電話でご連絡をお願いいたします。(TEL:022-391-5111代表)

  1. イ)感染症状(発疹・発熱など)がある場合
  2. ロ)水痘患者と接触があった場合
  3. ハ)学校や保育所など集団生活で流行があった場合

※状況により,外来受診を延期していただく場合がありますので,ご了承ください。

>>印刷用PDFはこちら

Ⅱ.水痘感染対策に関するお願い(入院)

 入院後の水痘(みずぼうそう)の発症は、院内での感染拡大や重症化につながります。つきましては、院内感染防止のため、入院を予定されている皆様に、次のとおりご協力いただきたくお願い申し上げます。

(1)水痘ワクチンの2回接種
 水痘にかかったことがない2歳以上の予定入院患者さんについては、入院1週間前まで(やむを得ない事情のある場合は2日前まで)に、水痘ワクチンを2回接種することを義務化いたします。
 なお、水痘にかかったことがある方は、罹患歴を母子手帳で確認します。母子手帳での確認ができない場合は、入院前に抗体価検査の採血を行います。

  ① 2回接種が済んでいない方は、入院が延期となる場合があります。
    なお、緊急入院や延期できない手術はこの限りではありません。

  ② 水痘は、1回ワクチン接種をしてもかかることがあります。
    ワクチンの効果を確実にするために、現在は2回接種が推奨されています。
    2回目の接種は、1回目の接種から3か月経過後に可能です。

  ③ 他のワクチンと同時接種も可能です。かかりつけ医にご相談ください。

  ④ 2回接種により、後の帯状疱疹の発生頻度を低下させる効果も期待できます。

(2)感染症状と接触・流行状況の確認
 「入院時感染チェック表」に該当する項目がある場合は,入院前に当院にご連絡をお願いいたします。

※状況により,入院が延期となる場合がありますので,ご了承ください。

>>印刷用PDFはこちら

関連ページ

「面会のご案内」はこちら

「問診票」記入のお願い

 当院を初めて受診される場合,問診票の記入が必要です。 これまで,来院時に記入をお願いしてまいりましたが,待ち時間が長くなる傾向にあるため事前記入をお願いすることになりました。 ご自宅のパソコンから問診票(PDF)を印刷し,内容を記入したうえで受診いただきますとスムーズに診察することができます。ご自宅にパソコンがない方は,これまでどおり来院時に記入をお願いしております。

 今後も,待ち時間の短縮,診療時間の充実に努めてまいります。 ご理解とご協力をお願いいたします。

 セカンドオピニオンについて(当院の方針)

1.セカンドオピニオンとは

 セカンドオピニオンは,病気の診断や治療方法について,現在治療を受けている医療機関以外の主治医以外の専門医師に意見を聞き,患者さんが自らがより良い治療方法を選択できるようにしていくために行われるものです。

 したがって,セカンドオピニオンを希望する患者さんの主治医は,現在治療を行っている医療機関の担当医師であり,セカンドオピニオンでは,あくまでも専門医師として治療方法等についての意見を述べるにとどまり,患者さんに対し診察,処置,検査等の直接的な診療行為は行いません。

2.当院へのセカンドオピニオン依頼について

 他の医療機関で療養中の患者さんやご家族の方で,当院のセカンドオピニオンを希望される方は,まず地域医療連携室宛に電話でご相談くださいますようお願いいたします。

3.当院患者さんによる他医療機関医師へのセカンドオピニオンの保証について

 当院は,患者さんやご家族が当院の診療方針に関して,他の病院等の医師によるセカンドオピニオンを希望される場合,その権利を保証し実施を支援いたします。  現在当院で療養中の患者さんで,他院の医師にご自分の病気に関する治療方法などの相談を希望される方は,遠慮なく主治医や看護師にご相談ください。

4.セカンドオピニオン相談の詳細

 → セカンドオピニオン相談の詳細はこちらをご覧ください。

PAGE UP