入院のご案内

各部署の紹介

本館2階病棟

 小児内科病棟です。長期入院を必要とする患者さんも多く入院しています。患者さん,ご家族の目標を,専門的に関わる病院スタッフと共有して,チーム医療を実践しています。一人ひとりの個性を捉えながら成長・発達を支援し,安全な医療と心のこもった看護を目指しています。

本館3階病棟

 外科・循環器科・心臓血管外科を主として受け入れている病棟です。検査や手術が多い毎日ですが,安全にかつ安心できるよう,こどもひとりひとり,ご家族それぞれに合わせた看護を提供することを心がけています。

本館4階病棟

 内科18床・外科18床の混合病棟です。外科系は形成外科・歯科口腔外科・泌尿器科・脳神経外科,内科系は総合診療科・神経科が主な対象科です。急性期看護から在宅に向けた退院指導まで,幅広い看護を展開しています。

新生児病棟

 NICU(12床)は集中治療を必要とする新生児が入院しており,治療と看護,家族支援を行っています。GCU(15床)は状態の安定した乳幼児が入院しており,成長発達支援や退院準備支援を行っています。家族面会は24時間可能で,家族が納得できる医療,家族の絆を大切に考えています。

産科病棟・産科外来

 地域周産期母子医療センターに位置づけられ,切迫早産や胎児疾患を中心に母体搬送を受け入れています。また,正常分娩も取り扱っています。外来と病棟が同じフロアで,妊娠・分娩・産褥までの継続看護を行っています。

拓桃館2階病棟

 拓桃館2階病棟(27床)は、肢体不自由児施設と病院機能を兼ねており、施設機能として契約入院(1ヶ月を超える訓練入院、2ヵ月間の親子入院)、摂食訓練、在宅移行支援のための入院、肢体不自由児のショートステイ事業も行っています。地域に暮らすお子さんと家族に寄り添う看護を心がけています。

DSC_2151  DSC_2170

拓桃館3階病棟

 医療型障害児入所施設として機能しています。幼児から中学生までの患者さんが治療・訓練目的で入院します。各部署のスタッフが病棟に入り協働した療育を展開しており、こども達の個々の成長が見える楽しい病棟です。

DSC_2597  DSC_2455  1112_16_2_20_057

 

PAGE UP