病院からのお知らせ

2016年01月14日

水痘感染対策に関するお願い

水痘感染対策に関するお願い

Ⅰ.水痘感染対策に関するお願い(外来)

水痘(みずぼうそう)の発症は、院内での感染拡大や重症化につながります。

つきましては、院内感染防止のため、次のとおりご協力いただきたくお願い申し上げます。

(1)1歳以上のお子さんに対する水痘ワクチン2回接種

水痘ワクチンを2回接種することを強く推奨いたします。

イ)水痘(みずぼうそう)は、1回ワクチン接種をしてもかかることがあります。ワクチンの効果を確実にするために、現在は2回接種が推奨されています。

 2回目の接種は、1回目の接種から3か月経過後に可能です。


ロ)2回接種が済んでいない方は、水痘流行時や水痘患者との接触時に入院が延期となる可能性がありますので、ご了承ください。

※ 他のワクチンと同時接種も可能です。かかりつけ医にご相談ください。

※ 任意接種の助成については、各市町村にご確認ください。

※ 2回接種により、後の帯状疱疹の発生頻度を低下させる効果も期待できます。

(2)感染症状と接触・流行状況の確認

水痘ワクチン2回接種をしていない方で以下の項目に該当する方は、外来受診前にお電話でご連絡をお願いいたします。(TEL 022-391-5111代表)

イ)感染症状(発疹・発熱など)がある場合

ロ)水痘患者と接触があった場合

ハ)学校や保育所など集団生活で流行があった場合

※ 状況により、外来受診を延期していただく場合がありますので、ご了承ください。

・ 印刷用PDFはこちら

 

Ⅱ.水痘感染対策に関するお願い(入院)

入院後の水痘(みずぼうそう)の発症は、院内での感染拡大や重症化につながります。

つきましては、院内感染防止のため、入院を予定されている皆様に、次のとおりご協力いただきたくお願い申し上げます。

(1)1歳以上のお子さんに対する水痘ワクチン2回接種

入院4週間前までに、水痘ワクチンを接種することを強く推奨いたします。

イ)水痘(みずぼうそう)は、1回ワクチン接種をしてもかかることがあります。ワクチンの効果を確実にするために、現在は2回接種が推奨されています。

2回目の接種は、1回目の接種から3か月経過後に可能です。

ロ)2回接種が済んでいない方は、水痘流行時や水痘患者との接触時に入院が延期となる可能性がありますので、ご了承ください。

※ 他のワクチンと同時接種も可能です。かかりつけ医にご相談ください。

※ 任意接種の助成については、各市町村にご確認ください。

※ 2回接種により、後の帯状疱疹の発生頻度を低下させる効果も期待できます。

 

(2)感染症状と接触・流行状況の確認

「入院時感染チェック表」に該当する項目がある場合は、入院前に当院にご連絡をお願いいたします。

※ 状況により、入院が延期となる場合がありますので、ご了承ください。


(3)15歳以下の面会者への水痘ワクチン2回接種

15歳以下の水痘にかかったことのない方で水痘ワクチン2回接種していない方は面会をお控えください。

・ 印刷用PDFはこちら



   → 関連ページ「面会のご案内

PAGE UP