院外処方について

  • HOME
  • 院外処方について
  • >

院外処方について(患者さんへ)

 当院では,厚生労働省が推進する医薬分業の趣旨に添って,すべての外来患者の皆様を対象に院外処方箋を発行し,おくすりは院外の保険薬局で受け取っていただいております。
 院外処方箋の発行につきまして,ご理解,並びにご協力くださいますようよろしくお願いいたします。

宮城県立こども病院 院長 林 富

「医薬分業」とは?

 医薬分業とは,医師・歯科医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮して,医薬品の適正な使用の推進を目的としたものです。

 具体的には,病院薬剤師は入院されている患者さんの調剤や注射薬の調製,服薬指導などに力を注ぎ,街の薬局薬剤師は外来の患者さんの薬歴を記録するなどきめ細かなサービスを提供するというシステムです。

「院外処方箋」とは?

 医師が診察の結果,治療に必要なおくすりの量や使い方を記載した処方箋を,病院の薬局ではなく,街の保険薬局へ持って行き,調剤してもらう処方箋のことです。

院外処方箋の利点

 院外処方箋となることで,病院と薬局の二箇所を回る手間がかかるといった欠点もありますが,次のような大きな利点があります。

  • おくすりに関する質問に対して,保険薬局の薬剤師がていねいに説明してくれます。
  • かかりつけ薬局を決めておくことで,複数の医療機関にかかっておくすりをもらわれた場合でも,薬局の薬剤師が薬歴簿を作って管理してくれますので,おくすりの重複や相互作用(飲み合わせの悪いもの)などをチェックすることができます。
  • おくすりの待ち時間が短くなります。

院外処方箋の注意点

  • 院外処方箋は,発行後,交付の日を含めて4日以内に保険薬局に提出してください。4日間を過ぎた場合には,当院に来院し,再度処方箋の発行を受けることになりますのでご注意ください。
  • FAXコーナーから保険薬局に院外処方箋をFAXすることで,保険薬局でのおくすりの受け取りがスムーズになります。その際に,あなたのおくすりが保険薬局に揃っているか確認しますので,当院の薬剤師にお気軽にご相談ください。
  • 院外処方箋で保険薬局からおくすりを受け取る場合,院内で受け取るよりも費用負担が若干多くなる場合があります。これは,保険薬局で薬歴を作成したり,きめ細かな服薬指導を行うことによるものです。

 ご不明な点があれば,当院薬剤部・医事課,保険薬局の薬剤師にお尋ねください。

おくすりがもらえる薬局は?

 「保険調剤」「処方せん受付」などと表示されている保険薬局であればどこでも当院の処方箋を受付けてくれます。FAXコーナーに地域ごとの保険薬局一覧がありますので,自宅の近くなどご都合の良い保険薬局をお選びください。
 その際,当院の薬剤師がお手伝いいたしますので,お気軽にご相談ください。

PAGE UP