診療科・部門紹介

血液腫瘍科

外来週間担当表

 宮城県立こども病院血液腫瘍科は2004年4月に開設し,現在は常勤医師4人の診療体制で小児がんや血液疾患の診療を行っています。病棟には無菌室が2つ配備され,高度専門医療への環境が整備されています。当科では長期入院となる患児も多く,院内学級の先生方や保育士,チャイルドライフスペシャリスト,こども療育支援士,臨床心理士,ソーシャルワーカーなど成育支援スタッフとの連携を大切にしながらチーム医療を実践しています。外来は月,火(午後),水,金曜の週4日行っています。

 小児の血液・腫瘍・免疫の専門分野に関する患者紹介は広く県内外から受入れ,近接の東北大学小児科と緊密な診療連携体制を組んでいます。さらに研究面においても当科は東北大学大学院医学研究科連携講座小児血液腫瘍学分野として大学院生も受け入れ,小児の白血病や難治性血液疾患の病態解明並びに新規の診断・治療法の研究を行っています。またセカンドオピニオンの依頼にも対応しております。

btn_saibo

診療内容

 当科は,小児白血病研究会(JACLS),日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG),及び日本神経芽種研究グループ(JNBSG),及び日本小児がん研究グループ(JCCG)の一員として多施設共同研究に参加しており,悪性疾患等の化学療法は基本的にグループの定める治療を行っています。移植医療については,2007年12月に臍帯血バンクの認定施設,さらに2008年11月には骨髄バンク認定施設を取得しました。これにより現在ではあらゆる種類の造血幹細胞移植に対応でき,自施設において滞りなく治療を遂行できるようになりました。これに並行して移植実績も増加してきており,2015年5月末までに50例(骨髄移植27例,臍帯血19例,同種末梢血幹細胞移植4例)を行っています。2012年10月からは造血幹細胞移植後フォローアップ外来を開設し,造血細胞移植学会の指定研修を終了した看護師とともに,造血幹細胞移植を終えた患児へのよりきめ細かい診療を毎月第2火曜に行っています。非悪性疾患では,再生不良性貧血に対しては免疫抑制療法および同種骨髄移植を,特発性血小板減少性紫斑病に対してはガンマグロブリン療法やステロイド療法などを行っています。血友病の専門外来は,毎月第4火曜日(午後)を設けており,県外からの患者さんも通っています。

 当科では,血友病の定期フォローアップに加えて,積極的な家庭治療の実践とそのための学校の夏休みなどを利用した自己注射トレーニングなどを行っています。一方で,血液腫瘍性疾患の治療や病態解明に関連した学会発表や論文投稿も積極的に行い,2008年度からは後期研修医も受け入れ,教育面でも小児がんや血液疾患の全般に渡り充実した研修が受けられるよう努めています。当院は日本血液学会認定研修施設,日本小児血液・がん専門医研修認定施設です。

対象疾患

  • 小児白血病
  • 再生不良性貧血
  • 骨髄異形成症候群
  • 造血障害
  • リンパ腫
  • 溶血性貧血
  • 固形腫瘍
  • 鉄欠乏性貧血
  • 血液凝固障害
  • 血球貪食症候群
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • EBウイルス感染症

ドクター紹介

 
佐藤 篤 さとう あつし
職名科長
診療領域・専門領域小児血液・腫瘍分野
資格等日本小児科学会専門医
日本血液学会指導医
日本小児血液・がん学会評議員
日本小児血液・がん学会指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
小沼 正栄 おぬま まさえい
職名部長
診療領域・専門領域小児血液・腫瘍分野
南條 由佳 なんじょう ゆか
職名医長
鈴木 信 すずき のぶ
職名医長
鈴木 資 すずき たすく
職名医師
PAGE UP