診療科・部門紹介

心臓血管外科

外来週間担当表

1.診療内容

 心臓血管外科は心臓や大血管の手術を専門とする外科の領域です。

 特に小児の心臓血管外科は心臓の先天的な病気に対する手術が診療の中心になります。

 先天性心疾患の発生頻度は新生児の約1%です。そのうち約1/4の患者さんはチアノーゼや心不全のため生後1ヶ月以内になんらかの手術が必要となりますが、大人になってから不整脈や心不全症状が現れて初めて心臓病に気づかれる場合もあります。先天性心疾患の手術は1950年代に始められ、その後半世紀の間につぎつぎと新しい手術法が開発されて現在では殆どの先天性心疾患の手術治療が可能になってきました。

 先天性心疾患の手術にあたっては、患者さん一人一人に合わせて適切な時期に適切な手術を行うことが大切です。最近では胎児期や出生後まもなく心奇形の診断がついた場合はその病型により生後いつごろどのような手術を行うかをスケジュールする治療方針がとられ、手術成績も安定してきました。近年の先天性心疾患の治療成績向上には出生前診断を含めた心臓超音波検査や心臓カテーテル法などの診断技術の進歩と手術前の患者さんの心不全や低酸素状態を改善する内科的治療法の向上が大きく貢献しています。さらに、手術そのものも、手術方法の改良や人工心肺の改良など着実に進歩を続け来ています。

 2009年には臓器移植法の改正に伴い小児患者への心臓移植の道も開かれ我々の取り巻く環境も更に変化が求められています。

 宮城県立こども病院の心臓血管外科は2005年度より開設され、心臓血管外科スタッフを中心に麻酔科医、集中治療医、臨床工学技士、看護師たちと良く連携したチームを作って診療にあたり、2012年からはスタッフの増員、手術枠の増加に伴い手術数も増加する傾向にあり、2014年度からはICU専任Dr.も加わり東北初のこども病院として広く県内外を問わずできるだけ多くの患者さんを受け入れることを志し、生まれつき心臓に病気を持つ子供たちがそれぞれに元気で楽しい人生が送れるようこれからも努力していく所存です。

2.主な対象疾患

先天性心疾患一般

心房中隔欠損症(ASD) 
心室中隔欠損症(VSD) 
動脈管開存症(PDA) 
房室中隔欠損症(AVSD) 
純型肺動脈狭窄/閉鎖症 
ファロー四徴症兼肺動脈閉鎖症(TOF/PA)
三尖弁閉鎖症 
単心室症(内蔵錯位症候群) 大動脈縮窄・離断症 
総動脈幹症
両大血管右室起始症(DORV) 
完全大血管転位症(TGA)
総肺静脈還流異常症(TAPVC)
左心低形成症候群(HLHS) 
小児期弁膜症 
小児期の不整脈 
その他

3.年間手術件数の推移(非心臓関連手術,ペースメーカーは除く)

2-01-07 心臓血管外科 修正図

4.ドクター紹介

崔 禎浩 さい さだひろ
職名科長
資格等心臓血管外科専門医
外科専門医
日本心臓血管外科学会国際会員
松尾 諭志 まつお さとし
職名医長
資格等心臓血管外科専門医
外科専門医
正木 直樹 まさき なおき
職名医長
資格等外科専門医


≫心臓血管外科医師(常勤医およびフェロー)募集要項はこちらをご覧ください

PAGE UP