診療科・部門紹介

心臓血管外科

①‐2 肺動脈絞扼術(バンディング)

肺血流が多い場合に行われる姑息的な手術です。こうすることにより心臓への負担や肺高血圧への進行を防ぎます。
病気によって、肺動脈の太い部分(本幹)に行うものや肺動脈の左右の枝(分枝)に行うもの(両側肺動脈絞扼術)が選択されます。

SV high flow

心臓シェーマ


 

 

PAGE UP