診療科・部門紹介

歯科口腔外科・矯正歯科

外来週間担当表

診療内容

 当院歯科ではこども達が持つ本来の歯とお口の働きが十分に生かされ,健やかなこころと身体が育つように保護者と一緒に考え,こども達の育児や自立支援を行うという口腔成育の視点に立って,他の診療科や医療機関と連携しながら包括的な歯科診療を行っています。

 当科では全身的な病気や障害のあるこども達の虫歯治療をはじめとする歯科処置や口腔衛生指導,ならびに重症心身障害児には口腔リハビリテーションを加えた口腔ケアをおこないながら,口腔内の良好な状態を維持できるよう長期管理を行っています。また外来では歯科治療困難な自閉症などの発達障害児,脳性麻痺や治療不協力児等のこども達に対して,全身麻酔下における一括した歯科処置を行い,歯科診療に対する恐怖心の軽減や良好な口腔内環境の早期確立を図っています。

 また他科入院中で歯科的問題がみられた場合はこども達の状態にあわせて外来やベッドサイドで歯科処置や口腔衛生指導を行っています。特に血液腫瘍科病棟入院中のこども達全員に対しては,毎週病棟往診し口腔内診査や口腔衛生指導を行い,医師や看護師と連携しながら口腔内に生じる諸問題に対して早期に解決を図っています。加えて,当院のNST(NutritionSupportTeam)には歯科医師と歯科衛生士が参加し,医師や看護師,栄養士,言語聴覚士,検査技師などと毎週カンファレンスを行い,対象患者さんの口腔管理を担当しています。

 さらに当科では一般的な歯科治療だけでなく,顎顔面形態に異常があり口腔機能やかみ合わせに問題のあるこども達に対して,外科的矯正治療や一般矯正歯科治療を行っています。特に唇顎口蓋裂の赤ちゃんは生後すぐに紹介されてきて,哺乳床の製作や哺乳指導,その後の口腔衛生指導や虫歯治療,咬合改善の矯正治療まで,その成長を通じて包括的な歯科治療を行っています。またダウン症などの発達障害児でも成長を通じて診ていくことによって,必要に応じた矯正治療をすることが可能になっています。その他,当科では小児領域に多い粘液嚢胞や小帯異常,埋伏歯,過剰歯などに関連する口腔外科手術も数多く行っています。

 教育面として,当院では歯科医師臨床研修の協力型臨床研修施設として,管理型臨床研修施設から受け入れた研修歯科医師の指導を行っています。さらに宮城高等衛生士学院ならびに仙台医療福祉専門学校歯科衛生士学科の2校より学生を受託実習生として受け入れ,歯科衛生士臨床実習の指導を行っています。

対象疾患

  • 有病小児ならびに障害児の歯科疾患(虫歯,歯肉炎など)
  • 小児口腔外科疾患(腫瘍,嚢胞,感染,炎症,外傷)
  • 先天性口腔顎顔面奇形
  • 先天性欠如歯・埋伏歯・過剰歯などの歯の萌出異常
  • 唇顎口蓋裂
  • 上唇・頬・舌小帯異常
  • 顎変形症
  • 摂食・嚥下障害
  • 不正咬合(咬合異常)
  • 顎関節症

ドクター紹介

御代田 浩伸 みよた ひろのぶ
職名科長
診療領域 専門領域小児歯科・障害者歯科治療
矯正歯科治療
小児口腔外科治療
資 格 等日本矯正歯科学会認定医
臨床研修指導歯科医
後藤 申江 ごとう のぶえ
職名部長
診療領域 専門領域小児歯科・障害者歯科  
摂食・嚥下指導
資 格 等日本小児歯科学会専門医
日本障害者歯科学会認定医
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士
臨床研修指導歯科医
宮城県小児保健協会理事
半田 拓人 はんだ たくと
職名医長
PAGE UP