診療科・部門紹介

集中治療科

外来週間担当表

 当院集中治療室(Intensive Care Unit: ICU)は、重症なこどもの診療に特化した県内唯一の「小児集中治療室(Pediatric ICU: PICU)」です。PICUに常駐し、集中治療を専門とする診療科として、2014年4月に集中治療科が設立されました。

PICUに入室する「こども」とは?

新生児(未熟性を伴う早期産児は除く)から乳幼児、学童までのこどもさんで大きな手術後、院内・院外で発生した救急疾患、他院から転院搬送された方のうち

①呼吸や循環、意識、その他の臓器に重篤な急性機能不全がある場合
②状態が悪化する可能性があるため綿密な観察(モニタリング)が必要な場合

にPICUでの治療を受けます。

内因性疾患(病気)も、外因性疾患(けが)も、重症化した原因は問わず診療しています。

診療内容

 重症化したこどもの救命のためには、原因である病気やけがの治療と、その治療が効いてくるまでの間の生命維持(障害臓器機能のサポート、代替)が必要です。集中治療科は、PICUにおける診療全般を担当していますが、主に生命維持に関わる全身管理(気道、呼吸、循環、鎮痛と鎮静、水分管理、栄養、リハビリ、感染対策など)と臓器補助管理(人工呼吸管理など)を専門にしています。
 PICUでは、集中治療科と各専門診療科、院内各部署(看護師、臨床工学技士、薬剤師、理学療法士、管理栄養士など)が協同・連携してチーム医療を実践しています。
 PICUは、多くの機械がこども達を取り囲み、ストレスのかかる治療を行うことも多いため、決して安楽な環境ではないかもしれません。看護師・院内保育士・チャイルドライフスペシャリストなどとも協力し、こども達とご家族が少しでも穏やかに過ごせるよう努力しています。

PICUで行われる特殊な治療の例

  • 人工呼吸療法
  • 一酸化窒素吸入療法
    血管拡張作用のある一酸化窒素を吸入することで、肺の血管を拡張させます。肺高血圧の治療になります。
  • 低酸素療法(窒素吸入)
    窒素を追加した低酸素濃度ガスの吸入によって肺血管は収縮します。体全体への血流に比較して肺の血流が増加しやすい先天性心疾患に低酸素療法を行います。肺へ血流を制限することで、体血流量と肺血流量のバランスをとります。
  • 体外式膜型人工肺(ECMO)による呼吸循環補助
    ECMOは、最重症の呼吸循環不全に対して用いられる治療です。太い血管に留置したカテーテルから血液を取り出し、膜型人工肺と血液ポンプを組み込んだ回路を通し、体に返します。呼吸補助(酸素の取り込みと二酸化炭素の排出)と循環補助(心臓ポンプ機能の代替)を行います。
  • 急性血液浄化療法(持続血液ろ過透析・血漿交換・血液吸着など)
    腎臓の障害(十分な尿がだせない)の際に体内の過剰な水分や有害な物質を除去します。病気の原因となっている物質を血液中から除去します。
  • 治療的体温管理
    心停止後などに伴う酸素欠乏によるダメージから脳を保護するために、低体温療法や平温療法など厳密な体温管理を行います。

2017年度診療実績

入室患者総数309例
 予定入室203例
 緊急入室106例
入室経路 
 手術室186例
 血管造影室(カテーテル室)17例
 病棟61例
 院内出生3例
 救急外来/一般外来15例
 転院搬送27例
治療介入 
 人工呼吸療法(人工気道下)188例
 非侵襲的陽圧換気療法14例
 高流量鼻カヌラ療法45例
 一酸化窒素吸入療法40例
 低酸素療法2例
 体外式膜型人工肺(ECMO)を用いた呼吸循環補助3例
 急性血液浄化療法(持続血液ろ過透析・血液透析・血漿交換)25例
 治療的体温管理(低体温療法・平温療法)4例
転帰 
 ICU滞在日数 中央値2日
 ICU滞在日数 平均値6日
 ICU死亡4例

年間入室患者数推移

入室患者数は増加傾向です。2015年度はICU増改築工事に伴う診療制限のため入室患者数は減少しました。

無題

施設認定

  • 日本集中治療医学会専門医研修施設
  • 日本呼吸療法医学会専門医研修施設

医療機関・医療関係者の方へ

★ 患者様のご紹介について
貴院にて対応が難しい患者様がいらっしゃいましたら、集中治療科にご相談ください。院内専門診療科と協力して診療にあたらせていただきます。

★ 「迎え搬送」の実施について
平日日中の当院への転院搬送に際し、集中治療が必要な重症な患者様を対象に当院ドクターカーによる迎え搬送が可能です。搬送チームは、集中治療科医師とPICU看護師です。

集中治療科3

★ 当施設の見学・研修をご希望の方へ
見学希望・お問い合わせは、「集中治療科 小泉 宛」に下記のメールアドレスまでお願いいたします。
info@miyagi-children.or.jp

ドクター紹介

川名 信 かわな しん
職名副院長(麻酔集中治療担当) 兼 集中治療部長 兼 手術部長   兼 医療安全推進室長
主な資格麻酔科標榜医
麻酔科指導医
日本小児麻酔学会認定医
日本小児麻酔学会評議員
東北大学医学部臨床教授
PALSインストラクター
小泉 沢 こいずみ たく
職名科長
資格等日本小児科学会専門医
日本集中治療医学会専門医
日本呼吸療法医学会専門医
其田 健司 そのた けんじ
職名医長
小野 頼母 おの たのも
職名医長
PAGE UP