診療科・部門紹介

リウマチ・感染症科

外来週間担当表

 リウマチ・感染症科は小児リウマチ性疾患と小児感染症の2つの領域を専門としています。

 リウマチ性疾患は関節炎を呈する疾患の総称で、膠原病や一部の自己免疫疾患と呼ばれる疾患群と重複します。一般的には成人女性に多いとされていますが、小児にも起こり得ます。基本的には体の中で慢性的に炎症が持続し、発熱や倦怠感、関節痛などが現れ、疾患によっては特徴的な発疹や腎臓や肺など個別の臓器に障害が及ぶ場合があります。炎症や痛みが持続することは、成長期にある小児にとって多大な負担となり、肉体的だけではなく精神的なダメージにつながることがあります。治療は長期に及ぶこともありますが、早く炎症を取り除き、日常生活を少ない負担で過ごすことができるようにすることが治療の目標となります。

 小児感染症の領域は、感染症の治療と感染予防の視点からみた感染対策に分けられます。感染症の治療対象は,重症な感染症、比較的稀な感染症、免疫低下状態にある患者さんの感染症治療などです。また感染対策では、病院内の環境整備や日々の医療的処置に係る手技・物品の管理などについて看護師や薬剤師、検査技師と協力して行っています。

診療内容

 小児リウマチ性疾患において、まずは診断をすることが重要となりますが、その診断が難しいことがよくあります。血液検査やCT,MRIなどの画像検査を必要とすることも多く、場合によっては入院の上でそれらを行うことがあります。疾患によっては診断から治療、体の状態が落ち着くまでの期間が数週間に及ぶことがあります。

 治療の主体は炎症を抑えることになりますが、ステロイドや免疫抑制剤が中心となります。それらの使用においては感染症など注意する点もあり、薬の作用・副作用を理解した上で経過をみていくことになります。

 小児感染症治療において、何の病原体(細菌、ウイルスなど)がどこから出ているのか(血液や尿、皮膚など)を知ることが大切になります。その情報から適切な治療薬を選択していきます(抗菌薬の種類など)。情報は検査部から当科と主治医の診療科に共有され、患者さんの状態をみながら適切な治療薬を使用していきます。また、予防接種にも関わることがあります。様々な事情で予防接種のスケジュールが崩れた例や、海外渡航に際する予防接種など、必要に応じて介入することがあります。

よくある疾患

小児リウマチ性疾患
  • 若年性特発性関節炎(JIA)
    「16歳未満で発症し、6週間以上持続する原因不明の関節炎で、他の病因によるものを除外したもの」が定義となります。分類上は7つの型に分かれますが、大部分は全身型、少関節炎、多関節炎のいずれかになります。病型によって症状、予後、治療法が異なってきますが、現在は生物学的製剤(点滴または皮下注射)の登場により以前と比べて格段に症状のコントロールが可能となっています。
  • 全身性エリテマトーデス(SLE)
    発熱や皮疹(代表的なものは蝶形紅斑と呼ばれる顔面に出現する発疹)、関節痛などが出現する疾患で、小児期では10歳代女子で発症することが多いです。腎臓に炎症が及ぶことが多く、血尿や蛋白尿がみられることがあります。治療はステロイドや免疫抑制剤が中心となりますが、根気強く内服薬を中心とした治療を続けることで、問題なく日常生活を送れることが多くなってきています。

*小児リウマチ性疾患には、小児慢性特定疾病対策の対象疾患が多くあります。小児慢性特定疾病情報センターのホームページに疾患情報や医療費助成制度などについての情報がありますので、ご参照ください。

小児感染症
  • 伝染性膿痂疹
    伝染性膿痂疹は皮膚の感染症であり、掻きむしった手を介して感染が全身の皮膚に拡がる様子が火事の火の粉が飛び火する様子と似ているため「とびひ」とも呼ばれます。皮膚の見た目からかさぶたの様に見える痂皮性膿痂疹と水疱がやぶけて拡がっていく水疱性膿痂疹の2つのパターンがあります。治療の大事なことは抗菌薬の使用以上に皮膚のスキンケアをすることです。お風呂はシャワー浴を基本とし、石鹸を使用して皮膚を清潔に保ちます。接触によって感染するのでバスタオルは家族で共有しないようにします。鼻孔には膿痂疹の原因となる黄色ブドウ球菌が定着している可能性があるので鼻をほじる癖がある場合はなおしましょう。爪も患部をひっかいてしまうので短くきりましょう。病変が局所的な場合、抗菌薬は飲み薬ではなく軟膏で十分です。よくなっても途中でやめないで決められた期間を塗ってください。病変が多い場合は抗菌薬の飲み薬が必要になることもあります。伝染性膿痂疹でも学校に通学することは可能ですがプールや水泳は完全に治癒するまでは控えましょう。

Q&A

Q.リウマチ性疾患は治りますか?

A.
 小児期で発症したリウマチ性疾患において、数か月から数年の治療により症状や検査値がまったく問題なくなり、治療・通院が必要ではなくなる例もあります。それは疾患やその病型にもよります。もちろん成人になってからも通院が必要な場合も多くみられます。ただし、少ない薬剤で調子が良い状態を保つことは十分可能なことが多く、進学・就職・結婚なども普通にできる方が多いです。

Q.リウマチ性疾患で治療中に日常生活で気をつける点は何ですか?

A.
 リウマチ性疾患の多くは、疲労やストレス、天候などでも体調が左右される場合があります。決められた薬を忘れずに服用することはもちろんですが、以下のような点が一般的な日常生活で気をつけることとして挙げられます。

・規則正しい生活を送る
・バランスの取れた食事を摂る
・適度な休息をとり、疲れをためない(肉体的にも精神的にも)
・感染症を予防すべく、うがい・手洗い等を励行する(患者さんも家族も)

他にも個々の疾患、患者さんの状態により、気をつける点が異なってきます。

Q.風邪について教えてください。

A.
 子供がかかる感染症で最も頻度が高いものは感冒、いわゆる風邪です。健康な子供でも、年8回以上風邪にかかることがあります。風邪はウイルスによる感染症であり、こども自身の治癒力により自然に回復していきます。注意してほしいのはウイルスが原因の風邪では抗菌薬は効果がありません。効果がないばかりではなく、副作用として下痢や低血糖などを起こす可能性があります。また抗菌薬の不適切な使用により、抗菌薬の効かない耐性菌が発生するリスクにもなります。風邪の症状は発熱に加え、咳、鼻水などの症状を認めます。大事なことは風邪のようにみえる風邪ではない病気を見逃さないことです。

ドクター紹介

梅林 宏明 うめばやし ひろあき
職名科長
診療領域・専門領域リウマチ性疾患
資格等東北大学医学部非常勤講師
日本小児科学会専門医・指導医
日本小児リウマチ学会理事
日本リウマチ学会小児リウマチ調査検討小委員会委員
日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
桜井 博毅 さくらい ひろき
職名医長
資格日本小児科学会専門医
日本小児感染症学会暫定指導医
ICD(Infectious Control Doctor)
診療領域・専門領域感染症
谷河 翠 たにかわ みどり
職名医師(フェロー)
PAGE UP