当院について

  • HOME
  • 当院について
  • >

メッセージ

院長あいさつ

 宮城県立こども病院は2003年11院長写真(今泉院長)月に、東北唯一の小児周産期・高度専門医療施設として開院し、2016年3月に宮城県拓桃医療療育センター(現 宮城県立拓桃園)と統合しました。これにより、小児・周産期の急性期から慢性期、リハビリテーション、在宅医療までを一貫して担う小児医療・福祉施設になりました。東北の医療施設から多くの患者さんをご紹介いただきましたことに感謝申し上げます。

 最近の社会状況と医療環境は凄まじい勢いで変化しています。感染症の減少と発達障害の増加など小児の疾病構造が変化する一方、ゲノム解析や新規治療の開発が大きく進展しました。結果として、難病のこども達も成人年齢を迎えられるようになり、日常的な医療ケアや在宅医療、さらに成人移行支援の必要度が増しています。

 さらに、2020年(令和2年)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)大災害の年であり、戦いは今もなお続いています。当院はCOVID-19重点医療機関として小児の重症・中等症例を受入れつつ、どのようにして本来の病院診療を維持できるか懸命に取り組みました。感染管理室を中心に多くの職種・部署で議論した具体的対応策を職員に定期発信しました。一方、少子化の加速や感染症の激減などCOVID-19が甚大な影響を及ぼした小児診療がコロナ収束後に戻るかは不透明です。

 しかし、このような社会変化にあっても、小児病院の役割はますます重要です。東北で高度医療を必要とするこども達に、それを提供できる医療者と医療環境を育成し維持してゆくことが求められています。激動の時代であればこそ、当院の立ち位置を見定め、患者・家族と地域社会のために果たすべき役割を確認し、病院職員のチームワークと柔軟な発想で対処することが大事です。どうぞ、宮城県立こども病院に対する皆様の温かいご支援とご理解を、心からお願い申し上げます。

2021年(令和3年)4月
今  泉   益  栄 

PAGE UP