当院について

  • HOME
  • 当院について
  • >

メッセージ

地域の医療機関と連携し総合的に長期に渡って支援していくことが本院の大事な使命であると考えております。

理事長・院長 林 富

 宮城県立こども病院は,東北唯一の小児周産期・高度専門医療施設として,2003年11月に88床を有する「公設民営」型病院として開院し,2004年4月には124床に増床,2005年4月に160床でフルオープンとなりました。

 2006年4月には,医療需要の変化や医療制度に関する諸課題に的確に対応し,自立的かつ弾力的に業務運営を行うとともに,適切な外部評価とその見直しを実施するため,本院は地方独立行政法人に移行いたしました。

 2010年度に宮城県立の肢体不自由児施設(現行の医療型障害児入所施設)である拓桃医療療育センターとの総合整備事業が決定され,2013年11月には,当院敷地に新病院棟(拓桃館)と支援学校の建設工事が開始されました。工事は,2015年7月に竣工し,本院既存棟(本館)と拓桃館及び支援学校が渡り廊下で繋がり,一つの施設として一体化いたしました。

 2016年3月,当院に,本県の小児リハビリテーション施設の中核である拓桃医療療育センター機能を引き継いだ「宮城県立拓桃園」が開所し,54床の療育型病棟,そして4月からは27床の医療型病棟がオープンしました。これにより,当院は小児・周産期の急性期から慢性期,リハビリテーション,在宅医療までを一貫して担う医療・福祉施設として新たにスタートいたしました。

 こどもたちとご家族の皆さまが最良の環境の中で,十分な説明によって情報を共有し安心して医療・療育を受けることができますように,すべての病院スタッフが一つになって努力して参ります。

 こどもは私たちの大切な宝物です。「こどもたちとご家族のために私たちは何ができるのか」という視点を常に忘れることなく,そして,治療を受けるすべてのこどもたちが,微笑み,瞳を輝かせ,元気に成長していくことができますように,今後も地域の医療機関・福祉施設と連携し,長期にわたって支援していくという本院の使命をしっかりと果たして参る所存でございます。

PAGE UP