当院について

  • HOME
  • 当院について
  • >

メッセージ

今泉院長題名

 

 新年度のスタートにあたり、宮城県立こども病院理事長・院長としてご挨拶申し院長写真(今泉院長)上げます。本年は理事長・院長を拝命して2年目であり、新たな令和元年が始まります。当院は広く県内外の医療機関と連携して、病気のこどもたちとその家族を支援する小児専門病院であり、その責任を真摯に受けとめ使命を果たす所存です。

 宮城県立こども病院は2003年11月に、東北唯一の小児周産期・高度専門医療施設(県立民営)として開院し、2006年4月に地方独立行政法人に移行しました。急性期診療を中心とした小児医療の提供を整備すべく、医療需要の変化に対応できる体制が整いました。さらに、地方独立行政法人化10年後の2016年3月、当院は宮城県拓桃医療療育センターと統合しました。これにより、小児・周産期の急性期から慢性期、リハビリテーション、在宅医療までを一貫して担う医療・福祉施設になりました。現在の病院規模は、病床数は241、27診療科(内科系10科、外科系10科、総合系7科)。2017年度は延べ外来患者が9万2千人、新入院患者が5千5百人(延べ入院患者数が約6万6千人)を超えました。連携医療施設から多くの患者さんをご紹介いただきましたことに感謝申し上げます。

 最近の社会状況と医療環境は著しい速さで変化しています。特に小児医療においては、感染症の減少と発達障害の増加など疾病構造が大きく変化し、医療の進歩により難病の治療成績が大きく改善しました。結果として、成人年齢に移行するこども達が増えており、急性期を乗越えた後の日常的な医療支援体制、在宅医療の充実、さらに成人移行の整備が求められています。

 少子化の社会変化の影響下にあって、未来を担うこども達を支える小児病院の役割は益々重要となり、その実現には持続可能な病院でなければなりません。激動の時代であればこそ、自らの立ち位置を見定め、患者・家族と連携医療施設のために果たすべき役割と使命を再確認し、病院職員のチームワークと柔軟な発想で課題解決に取り組む所存です。どうぞ、宮城県立こども病院に対する皆様の温かいご支援とご理解を心からお願い申し上げます。

 

PAGE UP