心房中隔欠損症 Atrial septal defect (ASD)

心房中隔欠損症は、右心房と左心房の間の壁(心房中隔)に穴(欠損)が空いている病気です。
左心房から右心房へ血液が流れることによって、徐々右心房、右心室が拡大し、心不全や不整脈を引き起こします。乳児期は症状に乏しく、一般診察時や乳幼児健診での心雑音、学校検診での心電図異常を契機に見つかることが多く、成人になってから見つかる先天性心疾患として最も多い病気です。
治療が必要とされるのは、無症状でも左心房から右心房への血流が多い場合、心不全症状(運動時の息切れ、動悸など)や不整脈がある場合です。
治療方法は、サイズが小さい場合はカテーテル閉鎖術(当院循環器科でも施行)が行われますが、サイズが大きい場合やカテーテル治療が出来ない場合は外科手術を行います。
外科手術は、人工心肺使用下に直接閉鎖術またはパッチ(自己心膜やゴアテックス)閉鎖術を行います。
アプローチ方法は一般的に胸骨正中切開で行いますが、当科では条件が整う場合、より低侵襲手術として腋窩切開アプローチを導入しています。

心房中隔欠損症6

心房中隔欠損症7

腋窩切開アプローチ

胸骨正中切開と腋窩切開アプローチの違い

胸骨正中切開 腋窩切開
胸骨正中切開 腋窩切開
長所 標準的・安全 創が小さい、美容的
短所 創がやや大きく目立つ 視野が狭い、限定的適応あり、
正中切開移行の可能性

当院では以下の条件で腋窩切開アプローチを行っています。

  1. ASD以外の心疾患の合併がない
  2. 体重15~25kg
  3. 上記長所と短所のご理解の上で手術希望がある

術後6か月の写真、切開創は5cm

心房中隔欠損症10